コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高崎五六 たかさき ごろく

3件 の用語解説(高崎五六の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

高崎五六

鹿児島藩士。勤王家。男爵。名博愛、初名猪太郎。東京府知事。明治29年(1896)歿、61才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高崎五六 たかさき-ごろく

1836-1896 幕末-明治時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)7年2月19日生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。公武合体派として活動,井伊直弼(なおすけ)暗殺計画にかかわる。文久2年尊攘(そんじょう)派の結集を島津久光に報じ,これが寺田屋事件の発端となった。維新後は岡山県令,東京府知事などを歴任。明治29年5月6日死去。61歳。名は友愛。通称は猪太郎,兵部。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高崎五六

没年:明治29.5.6(1896)
生年:天保7.2.19(1836.4.4)
幕末の薩摩(鹿児島)藩士,明治政府の官僚。父は善兵衛。大獄最中の安政6(1859)年,岩下方平らと井伊幕政の打倒を画策,江戸,水戸,京を奔走するが挫折,帰藩。同年11月,薩摩藩尊攘派ともいうべき誠(精)忠組に参加。文久年間(1861~64)島津久光の命を受け江戸,京に活動。第1次長州征討下,西郷隆盛の指示を受け長州(萩)藩との折衝に当たる。慶応3(1867)年土佐藩の大政奉還論に同調し,武力討幕方針の藩政府主流から隔たり,ために維新後の官歴は必ずしも華やかではなかった。明治4(1871)年置賜県参事,教部省御用掛,岡山県令,参事院議官,元老院議官,東京府知事を歴任。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高崎五六の関連キーワード伊地知正治岩下方平高崎正風児玉源之丞薩摩鹿児島古薩摩伊地知貞馨大迫貞清高城七之丞

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone