高崎五六(読み)たかさき ごろく

美術人名辞典の解説

高崎五六

鹿児島藩士。勤王家。男爵。名博愛、初名猪太郎。東京府知事。明治29年(1896)歿、61才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高崎五六 たかさき-ごろく

1836-1896 幕末-明治時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)7年2月19日生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。公武合体派として活動,井伊直弼(なおすけ)暗殺計画にかかわる。文久2年尊攘(そんじょう)派の結集を島津久光に報じ,これが寺田屋事件の発端となった。維新後は岡山県令,東京府知事などを歴任。明治29年5月6日死去。61歳。名は友愛。通称は猪太郎,兵部

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高崎五六

没年:明治29.5.6(1896)
生年:天保7.2.19(1836.4.4)
幕末の薩摩(鹿児島)藩士,明治政府の官僚。父は善兵衛。大獄最中の安政6(1859)年,岩下方平らと井伊幕政の打倒を画策,江戸,水戸,京を奔走するが挫折,帰藩。同年11月,薩摩藩尊攘派ともいうべき誠(精)忠組に参加。文久年間(1861~64)島津久光の命を受け江戸,京に活動。第1次長州征討下,西郷隆盛の指示を受け長州(萩)藩との折衝に当たる。慶応3(1867)年土佐藩の大政奉還論に同調し,武力討幕方針の藩政府主流から隔たり,ために維新後の官歴は必ずしも華やかではなかった。明治4(1871)年置賜県参事,教部省御用掛,岡山県令,参事院議官,元老院議官,東京府知事を歴任。

(井上勲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android