高嶺俊夫(読み)たかみね としお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高嶺俊夫 たかみね-としお

1885-1959 大正-昭和時代の物理学者。
明治18年9月5日生まれ。高嶺秀夫の次男。京都帝大助教授から理化学研究所にうつりアメリカに留学。帰国後大正13年東京帝大教授。15年辞任後は理研で研究をつづけ日本の分光学の基礎をきずいた。大正11年「シュタルク効果の研究」で吉田卯三郎とともに学士院恩賜賞。昭和34年5月12日死去。73歳。東京出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android