高嶺城(読み)こうのみねじょう

日本の城がわかる事典の解説

こうのみねじょう【高嶺城】

山口県山口市上宇野令にあった中世の山城(やまじろ)。国指定史跡。鴻(こう)の峰は、山口市街の西北に位置する標高338mの孤峰。高嶺城はこの山の頂上部を中心に築かれ、四方に延びる尾根に曲輪(くるわ)を配した。周防(すおう)・長門を本拠とする戦国大名の大内義長(おおうちよしなが)は、1556年(弘治2)に高嶺城を築いた。ところが完成しないうちに毛利氏の攻撃が始まり、結局城を放棄して長門の勝山城に逃れ、やがて自刃して果てた。高嶺城は、毛利氏によって築城が再開され、完成後、城代として市川経好(いちかわつねよし)を置いた。1569年(永禄12)、大内氏再興をめざす大内輝弘(おおうちてるひろ)が山口に侵攻してきて、高嶺城を囲んだ。この時、経好は九州に出陣中だったため、その妻女がわずかな守備兵とともに応戦して、城を守り抜いた。輝弘は九州から引き返してきた毛利氏により潰走させられ、防府の茶臼山で自刃した。1615年(元和1)の一国一城令により、高嶺城は破却されることになり、1638年に廃城となった。遺構として、石垣、曲輪、井戸などが残っている。JR山口線山口駅からバス8分、県庁前下車、徒歩8分で鴻ノ峰登山口、さらに徒歩45分。◇鴻の峰城、鴻之峯城とも記す。

出典 講談社日本の城がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android