コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高師夏 こうの もろなつ

1件 の用語解説(高師夏の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高師夏 こうの-もろなつ

1339-1351 南北朝時代の武将。
暦応(りゃくおう)2=延元4年生まれ。高師直(もろなお)の子。観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)のなか,父が足利直義(ただよし)方の上杉能憲(よしのり)に討たれたときに捕らえられる。出家をすすめられたがことわり,観応2=正平(しょうへい)6年2月26日討たれたという。13歳。通称は武蔵五郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高師夏の関連キーワード後醍醐天皇神皇正統記石橋和義高師冬正平一統慕帰絵詞紅巾の乱浄土真宗西芳寺天竜寺

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone