高張提灯(読み)たかはりちょうちん

日本大百科全書(ニッポニカ)「高張提灯」の解説

高張提灯
たかはりちょうちん

提灯の一種。大形の棗(なつめ)形の提灯で、2本の腕木をもった長竿(ざお)の先に取り付け、その口輪・底輪をとめて高く掲げる。承応(じょうおう)・明暦(めいれき)(1652~58)ごろになって現れたもので、一般にタカハリ、タカヂョウチンとよぶ。提灯には定紋・屋号などを書き、社寺・役所の門前、商家の店頭や、祭礼・葬送の行列などの先頭に高く掲げ、目印として利用された。現在でも、社寺の祭礼、葬礼の際に使われることが多い。

[宮本瑞夫]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳「高張提灯」の解説

高張提灯

江戸初期には武家で使われていた照明用具だが、時代が移るにつれて芝居小屋遊廓でも利用されるようになり、現代では、通夜葬式の時などに用いられることが多い。卵形をした大きな提灯で、竿の先に高く吊るし、門前に張り出すように掲げたのでこの名称がある。提灯には、家紋や屋号を入れていた。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

精選版 日本国語大辞典「高張提灯」の解説

たかはり‐ぢょうちん ‥ヂャウチン【高張提灯】

〘名〙 竿などの先にとりつけて、高く掲げるようにした提灯。たかはり。たかぢょうちん。
※歌舞伎・小袖曾我薊色縫(十六夜清心)(1859)序幕「三十郎替紋の高張てうちん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の高張提灯の言及

【提灯】より

…初め武士によって利用されたが火消人足,御用聞なども使用するようになった。高張提灯は大型の棗形の提灯で,長竿の先につけ,口と底を留めてはった。もっぱら目印として利用され,社寺や役所の門前,商家の店頭や,葬送その他の行列などの先頭に高く掲げた。…

※「高張提灯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android