コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高木友枝 たかぎ ともえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高木友枝 たかぎ-ともえ

1858-1943 明治-昭和時代前期の医学者。
安政5年8月2日生まれ。福井県立病院長,鹿児島病院長をへて明治26年から伝染病研究所に勤務。35年台湾総督府医院長兼台湾総督府医学校長となり,ペストマラリア防疫尽力。その後台湾総督府研究所長,台湾電力社長を歴任。昭和18年12月23日死去。86歳。陸奥(むつ)菊多郡(福島県)出身。東京大学卒。著作に「台湾の衛生状態」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高木友枝の関連キーワードケクレレジスタンス文学太平洋戦争マキノ雅広安政の大獄ロン=ティボー国際音楽コンクール第2次世界大戦育英制度木下恵介呉昌征

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android