コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高梨利右衛門 たかなし りえもん

2件 の用語解説(高梨利右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高梨利右衛門 たかなし-りえもん

?-1688 江戸時代前期の肝煎(きもいり)。
出羽(でわ)置賜郡(山形県)屋代郷二井宿村の人。米沢藩の年貢取り立てがきびしかったため,寛文6年幕府にうったえ,元禄(げんろく)元年12月越訴(おっそ)の罪で磔(はりつけ)の刑となった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高梨利右衛門
たかなしりえもん
(?―1688)

江戸初期、出羽(でわ)の義民。出羽国置賜(おきたま)郡屋代(やしろ)郷(山形県高畠(たかはた)町)の人で、島津利右衛門ともいう。新宿(にいじゅく)(二井宿)村の肝煎(きもいり)・問屋であったともいうが、米沢(よねざわ)藩政を批判し、番所破りを行った理由で追放となり、1688年(元禄1)12月、新宿村で処刑された。後の記録によれば、これらの利右衛門の活動とは、1666年(寛文6)に信夫(しのぶ)代官に訴えた62か条の「寛文目安(かんぶんめやす)」の立役者として、また米の抜荷(ぬけに)を行ったことなどがあげられている。米沢藩の上杉氏の領地半減と藩政確立期の圧政のなかで、屋代郷は米沢藩の預り地という関係にあった。ただしこれらを利右衛門の行為としたとき、それと処刑の年代にあまりの差があることが疑問として残る。もちろん藩の記録や土地に残る口碑(こうひ)、六地蔵、東泉院の墓誌、酬恩(しゅうおん)碑などは、義民としての確かな史料である。[横山昭男]
『小室信介編、林基校訂『東洋民権百家伝』(岩波文庫) ▽『高畠町史 中』(1976・高畠町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高梨利右衛門の関連キーワード肝煎肝入り・肝入・肝煎肝煎宿肝煎る高家肝煎寄合肝煎肝煎り板屋兵四郎三郎右衛門高橋太郎左衛門

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone