高橋利兵衛(読み)たかはし りへえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋利兵衛 たかはし-りへえ

1840-1864 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)11年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩の農兵となり,文久3年義勇隊にはいる。水井精一,山本誠一郎と別府浦で薩摩(さつま)の商船外国貿易の疑いでやき,船主大谷仲之進を殺害。水井,山本の自刃(じじん)をきき,元治(げんじ)元年3月10日切腹した。25歳。名は正都。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android