コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋善蔵 たかはし ぜんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋善蔵 たかはし-ぜんぞう

1684-1761 江戸時代中期の農民。
貞享(じょうきょう)元年6月7日生まれ。筑前(ちくぜん)(福岡県)那珂郡山田村の庄屋。薩摩(さつま),肥後でハゼノキの栽培法をまなび村民につたえた。村は享保(きょうほう)17年の飢饉(ききん)をハゼノキの実の利益でのりきり,実からとれる木蝋(もくろう)は筑前名産となった。宝暦11年8月20日死去。78歳。著作に「窮民夜光の玉」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

高橋善蔵 (たかはしぜんぞう)

生年月日:1684年6月7日
江戸時代中期の勧農家
1761年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

高橋善蔵の関連キーワード生年月日農家益

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android