コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋昌也(読み)たかはしまさや

知恵蔵miniの解説

高橋昌也

日本の俳優、演出家。1930年3月16日、東京都生まれ。53年、劇団俳優座の養成所に入り、舞台デビュー。54年に劇団新人会を設立後、数々の劇団を経て、75年に演劇集団円の設立に参加。テレビドラマや映画にも多数出演し、名脇役として名を馳せた。70年代後半からは演出家としても活躍。87年から99年まで東京・銀座セゾン劇場(現ル・テアトル銀座)の芸術総監督を務めた。93年に末期の食道がんを患い、食道を全摘出するも回復。96年からは黒柳徹子主演の舞台演出を多く手がけ、同年に「幸せの背くらべ」で読売演劇大賞演出家賞を受賞した。芸術総監督在任中は俳優業を休業していたが、2000年に再開。映画「透光の樹」で05年に日本映画批評家大賞助演男優賞を受賞した。14年1月16日、呼吸不全のため死去。享年83。

(2014-1-24)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

百科事典マイペディアの解説

高橋昌也【たかはしまさや】

俳優,演出家。東京都出身。都立第四中学校(現都立戸山高校)卒業。俳優座養成所を卒業して劇団新人会に参加。1956年,浅利慶太らの劇団四季に参加,1961年文学座に入団するが,1963年,芥川比呂志,岸田今日子らと文学座を脱退し福田恒存主宰の現代演劇協会・劇団雲の結成に加わる。1975年劇団雲の分裂で芥川・中村伸郎らの演劇集団円に参加,演出家として別役実作品を連続して手がけ評価を得る。1987年円を退団し銀座セゾン劇場芸術総監督に就任した(1999年まで)。1958年に女優加藤治子と結婚したが,1973年に離婚。俳優としての代表作に劇団雲公園《榎本武揚》(1967年,安部公房脚本・芥川比呂志演出),映画・TVドラマに出演多数。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋昌也 たかはし-まさや

1930-2014 昭和後期-平成時代の俳優,演出家。
昭和5年3月16日生まれ。昭和25年俳優座養成所にはいり,「襤褸と宝石」主演でデビュー。29年小沢昭一らと新人会を結成。のち文学座,劇団雲などをへて50年演劇集団円の結成にくわわる。「榎本武揚」などの舞台やおおくの映画,テレビに出演。62年銀座セゾン劇場副社長兼芸術総監督。平成26年1月16日死去。83歳。東京出身。戸山高卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高橋昌也の関連情報