演劇集団円

デジタル大辞泉プラス「演劇集団円」の解説

演劇集団円

日本の劇団。代表は橋爪功。1975年、芥川比呂志を中心に、岸田今日子仲谷昇らが参加して、現代演劇協会付属の劇団「」から独立する形で結成ラシーヌシェークスピアチェーホフなど海外作家の作品から、別役実太田省吾など日本の劇作家の作品、児童演劇まで、幅広い舞台作品を手がける。演技者、舞台監督など演劇関係の人材を育成する演劇研究所も有する。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の演劇集団円の言及

【劇団】より

…すなわち63年に福田恒存,芥川比呂志らが文学座を脱退し,〈現代演劇協会〉を設立,その付属劇団として〈雲〉(正式名称〈劇団雲〉)を創立し,拠点劇場としての〈三百人劇場〉(東京千石)も建設した。しかし両者はさらに決別し,三百人劇場に拠る福田恒存らの〈昴(すばる)〉と,75年に脱退した芥川比呂志,岸田今日子,仲谷昇らの〈円〉(正式名称は〈演劇集団円〉)に分かれた。また俳優座,民芸でも数多くの脱退者を出した。…

※「演劇集団円」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android