コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高氏鎮 こうの うじしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高氏鎮 こうの-うじしげ

?-1351 南北朝時代の武将。
観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)のなか,一族の高師冬(もろふゆ)に属してたたかう。師冬らが足利直義(ただよし)方に敗れた際,傷を負ってのがれる。のち直義を討とうとする足利尊氏に,下野(しもつけ)(栃木県)の宇都宮氏綱の兵をひきいてしたがうが,途中狂乱状態におちいり観応2=正平(しょうへい)6年12月自殺した。通称は三戸七郎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高氏鎮の関連キーワード南北朝時代

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android