コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高氏鎮 こうの うじしげ

1件 の用語解説(高氏鎮の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高氏鎮 こうの-うじしげ

?-1351 南北朝時代の武将。
観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)のなか,一族の高師冬(もろふゆ)に属してたたかう。師冬らが足利直義(ただよし)方に敗れた際,傷を負ってのがれる。のち直義を討とうとする足利尊氏に,下野(しもつけ)(栃木県)の宇都宮氏綱の兵をひきいてしたがうが,途中狂乱状態におちいり観応2=正平(しょうへい)6年12月自殺した。通称は三戸七郎

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

高氏鎮の関連キーワード高師冬上杉顕能上野頼兼金谷経氏高師夏三戸師親諏訪真種伊達景宗禰寝清種留守家任

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone