コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三戸七郎 みと しちろう

1件 の用語解説(三戸七郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三戸七郎 みと-しちろう

?-1351* 南北朝時代の武将。
高師直(こうの-もろなお)の一族で,鎌倉公方(くぼう)足利基氏(もとうじ)の後見人。観応(かんのう)元=正平(しょうへい)5年12月25日,相模(さがみ)(神奈川県)湯山で石塔義房らとの同士討ちで殺された。「太平記」によれば翌年の薩埵山(さったやま)合戦のとき,発狂して自害したともいう。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三戸七郎の関連キーワード正平一統慕帰絵詞紅巾の乱浄土真宗戦争孤児覚如紅巾の乱五葉山フィロズシャー慕帰絵詞

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone