三戸七郎(読み)みと しちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三戸七郎 みと-しちろう

?-1351* 南北朝時代の武将。
高師直(こうの-もろなお)の一族で,鎌倉公方(くぼう)足利基氏(もとうじ)の後見人観応(かんのう)元=正平(しょうへい)5年12月25日,相模(さがみ)(神奈川県)湯山で石塔義房らとの同士討ちで殺された。「太平記」によれば翌年の薩埵山(さったやま)合戦のとき,発狂して自害したともいう。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android