コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三戸七郎 みと しちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三戸七郎 みと-しちろう

?-1351* 南北朝時代の武将。
高師直(こうの-もろなお)の一族で,鎌倉公方(くぼう)足利基氏(もとうじ)の後見人観応(かんのう)元=正平(しょうへい)5年12月25日,相模(さがみ)(神奈川県)湯山で石塔義房らとの同士討ちで殺された。「太平記」によれば翌年の薩埵山(さったやま)合戦のとき,発狂して自害したともいう。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三戸七郎の関連キーワード南北朝時代高師直高氏鎮

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android