高津例太郎(読み)こうづ れいたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高津例太郎 こうづ-れいたろう

1828-1894 幕末-明治時代の庄屋。
文政11年2月5日生まれ。阿波(あわ)徳島藩領の淡路(あわじ)(兵庫県)洲本城代稲田氏につかえる。勤王のためにはたらき,因幡(いなば)鳥取藩士河田景与(かげとも)らと交流。佐幕にかたむいた徳島藩の動向を注視し,淡路の佐幕派を制する。戊辰(ぼしん)戦争でも戦功をたてた。明治27年6月20日死去。67歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android