コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高津例太郎 こうづ れいたろう

1件 の用語解説(高津例太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高津例太郎 こうづ-れいたろう

1828-1894 幕末-明治時代の庄屋。
文政11年2月5日生まれ。阿波(あわ)徳島藩領の淡路(あわじ)(兵庫県)洲本城代稲田氏につかえる。勤王のためにはたらき,因幡(いなば)鳥取藩士河田景与(かげとも)らと交流。佐幕にかたむいた徳島藩の動向を注視し,淡路の佐幕派を制する。戊辰(ぼしん)戦争でも戦功をたてた。明治27年6月20日死去。67歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

高津例太郎の関連キーワード天野方壺岩松助左衛門木村恒太郎高橋庄蔵寺田彦太郎土井善右衛門軒原庄蔵八郎太万波芳二郎山脇新九郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone