コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高田快清 たかだ かいせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高田快清 たかだ-かいせい

1809*-1875 江戸時代後期の武士。
文化5年12月2日生まれ。尾張(おわり)名古屋藩の付家老犬山城主成瀬氏につかえ,安政元年側用人となる。安政の大獄で引退,のち復職して幕長戦争に出陣。鳥羽・伏見の戦いでは新政府軍につき皇居をまもった。明治8年3月12日死去。68歳。名はのち務。通称は治右衛門。号は耕斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高田快清の関連キーワードカルル13世フランス共和国憲法フィンランド文学ファッション・ブックチャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)オールコッククーパームラビヨフロッシュ大草公弼

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android