コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高病原性鳥インフルエンザ コウビョウゲンセイトリインフルエンザ

3件 の用語解説(高病原性鳥インフルエンザの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうびょうげんせい‐とりインフルエンザ〔カウビヤウゲンセイ‐〕【高病原性鳥インフルエンザ】

鳥インフルエンザのうち、鶏やウズラなどの家禽に対して強い病原性を有し、感染した鳥の致死率が高いもの。流行すると養鶏などの産業に大きな損害を与える。家畜伝染病の一つ。通常、人には感染しないが、H5N1型やH7N7型のウイルスなどで鳥から人への感染が報告されている。HPAI(highly pathogenic avian influenza)。
[補説]鳥インフルエンザ(H5N1)は感染症予防法で2類感染症に指定されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

高病原性鳥インフルエンザ

A型インフルエンザウイルスが引き起こす鳥の病気の一つで、鶏などの家禽(かきん)に対する病原性の強さによって強毒と弱毒タイプがある。鶏が強毒タイプに感染すると多くが死ぬ。海外からの渡り鳥がウイルスを運んでいるとされる。

(2012-02-09 朝日新聞 朝刊 山口 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうびょうげんせいとりインフルエンザ【高病原性鳥インフルエンザ】

急性で罹病りびよう率や致死率の高い鳥インフルエンザ。神経症状・呼吸器症状・消化器症状を引き起こし、多く死に至る。鳥どうしで感染するが、鳥からヒトへの感染は稀まれ。肉や卵を食してのヒトへの感染は報告されていない。家畜伝染病予防法に基づく家畜伝染病の一。旧称、家禽かきんペスト。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高病原性鳥インフルエンザの関連キーワードインフルインフルエンザ菌b型Aソ連型インフルエンザウイルスA香港型インフルエンザウイルス季節性インフルエンザ低病原性鳥インフルエンザ二〇〇九インフルエンザユニバーサルインフルエンザワクチン馬インフルエンザ新型インフルエンザと特措法

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高病原性鳥インフルエンザの関連情報