コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高窓 タカマド

デジタル大辞泉の解説

たか‐まど【高窓】

煙出しや彩光のために部屋の天井近くに設けた

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たかまど【高窓】

普通より高い位置に、採光や煙出しなどのために作られた窓。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高窓
たかまど

採光をおもな目的として外壁に設けられる窓で、人間の目の位置より高いものを総称する。その意味では欄間(らんま)もこれに含まれるが、欄間はその直下に窓または出入口を有するものをさし、単に高窓といえばそれ以外のものをいうことが多い。高窓は開閉が不便であるから一般に嵌殺(はめごろ)しとされるが、もし開閉を必要とするときはオペレーター(遠隔操作機構)を取り付けなければならない。バシリカ式教会堂の身廊上部の窓は高窓の典型で、クリアストリーclearstoryとよばれ、板ガラスの発明されるまではここに半透明の石花石膏(せっこう)(アラバスター)の薄板やステンドグラスをはめ、堂内に幽幻の雰囲気を醸していた。[山田幸一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

高窓の関連キーワード県内に残る蚕糸業の主な建築物ノートル・ダム大聖堂システィナ礼拝堂シャルトル大聖堂ステンドグラスウェルズ大聖堂ハレンキルヘランス大聖堂ラーキン矩計り煙出し採光遮光

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高窓の関連情報