高萩新宿(読み)たかはぎしんじゅく

百科事典マイペディアの解説

埼玉県日高市地名。戦国期には一帯は高萩郷とよばれた。1583年,北条氏から〈定市之法度〉と題する印判状が高萩新宿宛てに出された。高萩郷の開発によって新たに町立てされ,そこが新宿と定められたのである。2・7の六斎市開設が許され,また3ヵ条からなる市の法度が定められており,楽市としての特権が認められた。江戸時代に入り六斎市は衰退,市は7月12日と12月27日の年2回のみとなり,それも江戸中期以降は廃絶

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

埼玉県南部,日高市の地名。1583年(天正11)11月10日,〈定市之法度〉と題する虎印判状が高萩新宿あてに出された。これより先1519年(永正16)に北条早雲の三男菊寿丸(長綱)の知行地として高萩51貫文が,59年(永禄2)には江戸衆大森殿の知行地として高萩郷50貫文が見える。この高萩郷の中で開発が行われ,83年にそこが新宿と定められたのである。新宿は開発によって新しい町立てが行われ,伝馬役を負担する所で,ここでは2・7の六斎市が開かれることになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android