コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

印判状 いんばんじょう

百科事典マイペディアの解説

印判状【いんばんじょう】

印章を押した文書。室町時代末から盛んになり,朱印状(しゅいんじょう),黒印状(こくいんじょう)等がある。東国大名の間で発達し,法令の発布や安堵(あんど)に多く用いられた。
→関連項目印章古文書

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いんばんじょう【印判状】

戦国時代の武家文書の一つ。花押のある文書を判物(はんもつ)というのに対し,印章をおした文書をいう。印判状にはおもに朱印,黒印の2種があり,朱印状黒印状と呼ぶ。日本の伝統的な思想として朱印は正,黒印は副との考え方があり,朱印は黒印に優るとされた。書札礼の上からは黒印は薄礼との考え方である。印判状の初見は長享1年(1487)10月20日付の駿河今川氏親印判状(黒印)である。鎌倉時代の武家文書は全く無印であったが,戦国の世の印判状の出現は禅林印章の強い影響によるもので,戦国武将が禅林に接近してその風習に感化されたことが要因となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

印判状
いんばんじょう

武家文書様式の一つ。花押(かおう)のかわりに印判(印章)を捺(お)した文書。14世紀末、禅僧が行った例があるが、武家文書としては15世紀以降、戦国大名間で盛んとなり、織豊(しょくほう)期を経て江戸時代に及ぶ。その初見は駿河(するが)(静岡県)の今川氏親(いまがわうじちか)が元服前、1487年(長享1)に出したもので、以後、今川、後北条(ごほうじょう)、武田、上杉氏などの東国大名や織田信長により行われ、信長の入京後は京畿(けいき)地方に、さらに豊臣(とよとみ)秀吉の天下統一により全国に普及することになった。印判状は奉書(ほうしょ)式と直状(じきじょう)式に大別され、前者は大名が奉者を介して、後者は大名が直接に、それぞれ主として朱か黒の印判を捺して出す。印判は花押より簡略、薄礼であり、多数の同一文書作成が短時間で可能なため、上意下達文書として、掟(おきて)、制札(せいさつ)、伝馬(てんま)手形、知行充行(ちぎょうあておこない)状、感状など、領国経営に関するものや書状に用いられた。また秀吉や江戸幕府は海外交渉にあたり、国際文書として朱印状を使用した。[久保田昌希]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の印判状の言及

【武家様文書】より

…室町時代地方分権化した有力守護大名はみずから花押を据えた直状を多く用い,これを書下(かきくだし)とか判物(はんもつ)と称した。戦国時代になると各地の戦国大名が印章を捺した印判状(いんばんじよう)を発するようになり,所領の充行(あておこない)や安堵(あんど)などの恩給文書には判物,領内治政の民政文書には印判状を用いた。この判物,印判状が武家様文書の最後のものであり,確立化されたものであって,織豊政権,江戸幕府もこの2様式を継承し,江戸幕府にあっては印判状の一つである朱印状が最高権威の文書であった。…

※「印判状」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

印判状の関連情報