コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高野公彦 たかの きみひこ

1件 の用語解説(高野公彦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高野公彦 たかの-きみひこ

1941 昭和後期-平成時代の歌人。
昭和16年12月10日生まれ。「コスモス」に入会,宮柊二(しゅうじ)に師事する。「群青」「桟橋」を創刊。人生の奥深さを凝縮した表現でうたい,昭和57年「ぎんやんま」で短歌研究賞。平成8年「天泣(てんきふ)」で第1回若山牧水賞。6年青山学院女子短大教授。25年「河骨川」で毎日芸術賞。27年「流木」で読売文学賞詩歌俳句賞。愛媛県出身。東京教育大卒。本名は日賀志(ひがし)康彦。歌集に「汽水の光」「天平の水煙」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

高野公彦の関連キーワード池田純義石田比呂志井上宗雄清原令子田井安曇友松賢中野照子蒔田さくら子佐藤恒雄山田富士郎

今日のキーワード

参院選の日程

改選議員が任期満了を迎える7月25日の前30日以内に実施される。参院選を「18歳選挙」の対象とするためには6月20日以降の公示とする必要がある。投票日を通例の日曜日とすれば、候補は7月10日、17日、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高野公彦の関連情報