コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高階経仲 たかしなの つねなか

2件 の用語解説(高階経仲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高階経仲 たかしなの-つねなか

1157-1226 平安後期-鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
保元(ほうげん)2年生まれ。高階泰経の長男。石見守(いわみのかみ),常陸介(ひたちのすけ),右馬頭(うまのかみ)を歴任。文治(ぶんじ)元年父が源義経の味方をしたとの嫌疑をうけ,父とともに解任された。のちゆるされて内蔵頭(くらのかみ)となり,正三位。嘉禄(かろく)2年2月死去。70歳。名ははじめ業仲。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高階経仲

没年:嘉禄2.2(1226)
生年:保元2(1157)
平安末・鎌倉初期の公卿で院の近臣。高階泰経の子。母は藤原行広の娘。本名業仲。仁安3(1168)年蔵人となり,石見守,常陸介,右衛門佐を歴任。従四位上・右馬頭となるが,文治1(1185)年12月源義経と行家の謀反に加担して頼朝の怒りを買い,父泰経と共に解官された。のちに許されて播磨守,内蔵頭となり,父と共に後白河法皇に近侍して,院庁の別当を務める。法皇の没後は後鳥羽上皇の側近に仕えて院別当となり,常に院御所に祗候した。元久1(1204)年に正三位に叙せられ,建保4(1216)年2月に出家した。

(土谷恵)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

高階経仲の関連キーワード高階経仲ルイ[9世]浜松大空襲フリブールリチャード世良田新田荘袋草紙保元新制足利義康

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone