コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有り付く アリツク

デジタル大辞泉の解説

あり‐つ・く【有り付く】

[動カ五(四)]
求めていたものをやっとの思いで手に入れる。
㋐お金や食物などが手に入る。「小遣い銭に―・く」「思いがけないご馳走に―・く」
㋑働き口が見つかる。「割のいい仕事に―・く」
住みつく。安住する。
「女(むすめ)は…さるかたに、したたかなるさまに―・きたり」〈夜の寝覚・一〉
異性と一緒に住む。結婚する。
「三人はみなみな―・き給ふ」〈伽・鉢かづき
似合う。ぴったりする。板につく。
「さし縫ひ着つつ、―・かずとり繕ひたる姿ども」〈・総角〉
ある身分や境遇に生まれつく。
「もとより―・きたるさ様の並々の人は」〈・蓬生〉
[動カ下二]住みつかせる。また、仕官などさせて生活の道を得させる。身を固めさせる。
「殿ばら、今まで―・けざるこそ心にかかり候へども」〈曽我・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

有り付くの関連キーワード身代済む身代