コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

髻切 もとどりきり

世界大百科事典 第2版の解説

もとどりきり【髻切】

他人のすなわち頭頂部に束ねた髪を切り落とす犯罪中世では本鳥切とも書いた。《古事談》に,在原業平二条后を盗み去ろうとして奪い返されたうえに,髻を切られたことが見え,《源平盛衰記》に,平重盛が息子が辱められた意趣返しに,兵をもって摂政藤原基房の車を襲い,基房随従の数人の髻を切ったことが見えるなど,中世の犯罪史にもしばしば現れる特異な犯罪である。烏帽子(えぼし)をもって社会的身分を表す最も有力な外的表徴とした時代にあって,結髪および烏帽子の装着に必須な髻を切断することは,被害者の社会生活を麻痺させるばかりでなく,その人の体面を失わせる凌辱的行為とみなされ,その意味で,女性の髪を切り落とす暴行に比すべき犯罪であったが,これに加えて次の2点が,この犯罪をより特異かつ重大なものとしたと考えられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報