コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天明浅間山噴火 てんめいあさまやまふんか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天明浅間山噴火
てんめいあさまやまふんか

天明3(1783)年4月9日から始まり,同年7月8日頃まで約 90日間続いた浅間山の大噴火。天明の浅間焼けとして知られる。4月9日に最初の鳴動が記録され,その後 1ヵ月半は静穏であったが,5月26日に降灰を伴う爆発的噴火が発生,しばらくの休止期間のあと,6月18日頃から噴火が活発化した。6月28日からは連日噴火が継続し,6月29日には江戸で,また 7月6日には銚子でも降灰が見られた。7月7日から噴火はさらに激しくなり,北北東方向の山麓に吾妻火砕流(→火砕流)が流下し,最大 10km流れ下った。この火砕流での人的被害はなかった。翌7月8日には大爆発とともに鎌原火砕流・岩屑雪崩が高速度で北麓に流れ下った。鎌原村(のちの嬬恋村)はこれらの直撃を受け,人口 570人中 477人が犠牲になった。この岩屑雪崩は吾妻川に突入し,天明泥流となり周囲の田畑や家屋に大被害を与え,渋川で利根川に合流,銚子や江戸川を経て江戸湾まで流下した。浅間山北斜面に残る鬼押出岩は,噴火が最も激しかった 7月8日頃に流下した。被害は死者 1624人,流失家屋 1151戸,焼失家屋 51戸,倒壊家屋 130戸余りと推定されている。(→天明の飢饉

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

天明浅間山噴火の関連キーワード熱雲