コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼頭道恭 きとう どうきょう

美術人名辞典の解説

鬼頭道恭

日本画家。名古屋生。字は一斎、通称は玉三郎。初め森高雅につき、のち京都に上り巨勢派の北村秀隆に仏画を学び、その傍ら冷泉為恭について土佐派を修めた。仏画を能くし、その第一人者となる。明治37年(1904)歿、64才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鬼頭道恭 きとう-どうきょう

1840-1904 幕末-明治時代の日本画家。
天保(てんぽう)11年生まれ。森高雅(こうが)に入門,京都に出,巨勢(こせ)派の北村季隆に仏画を,岡田為恭(ためちか)に土佐派の技法をまなぶ。郷里名古屋で仏画を専門とし,身延山(みのぶさん)久遠寺(くおんじ)六角堂内の装飾絵を完成した。明治37年4月15日死去。65歳。通称は玉三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鬼頭道恭の関連キーワード鬼頭如石奥村恭法

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android