コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼龍院花子の生涯

1件 の用語解説(鬼龍院花子の生涯の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

鬼龍院花子の生涯

1982年公開の日本映画。監督:五社英雄、原作:宮尾登美子、脚本:高田宏治。出演:仲代達矢岩下志麻夏目雅子仙道敦子、佳那晃子、高杉かほり、中村晃子ほか。第25回ブルーリボン賞主演女優賞(夏目雅子)受賞。主人公の台詞「なめたらいかんぜよ!」が流行語となる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鬼龍院花子の生涯の関連キーワード薄化粧儀式首の座沈黙誘拐OUT白い手スパイ・ゾルゲ不毛地帯吉原炎上

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鬼龍院花子の生涯の関連情報