コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚住為楽(初代) うおずみ いらく

1件 の用語解説(魚住為楽(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

魚住為楽(初代) うおずみ-いらく

1886-1964 昭和時代の鋳金家。
明治19年12月20日生まれ。仏具製作をする一方,鈴(りん)などの鳴物(なりもの)鋳造を研究。のち独学で銅鑼(どら)作りをはじめる。昭和11年第1回帝展に出品し,以後銅鑼の制作に専念。30年人間国宝。昭和39年7月15日死去。77歳。石川県出身。本名は安太郎。代表作に「雲ノ井」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

魚住為楽(初代)の関連キーワード高村豊周香取正彦佐々木象堂四方竜文(7代)須賀松園(2代)杉田禾堂津田信夫丸山不忘宮田宏平