コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イサザ

デジタル大辞泉の解説

いさざ【×魦】

ハゼ科の淡水魚。全長8センチくらい。琵琶湖特産で、主に秋、いさざ網とよぶ底引き網で漁獲し、鮨(すし)・飴煮(あめに)などにする。 冬》「道さむく量りこぼしの―踏む/青畝
シロウオの別名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いさざ【魦】

スズキ目の淡水魚。全長約7センチメートル。ハゼの一種で、体形はマハゼにやや似る。体色は淡褐色。昼間は深所に群れ、夜間は湖面近くまで浮上する。佃煮つくだににして食用。琵琶湖の特産。 [季] 冬。 《 水増て-とれぬ日続きけり /円嶺 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

魦 (イサザ)

学名:Chaenogobius isaza
動物。ハゼ科の淡水魚

魦 (サメ)

動物。軟骨魚綱,板鰓亜綱に属する,エイ目を除く魚類の総称

魦 (チチブ)

動物。ハゼ科の淡水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

魦の関連キーワード三上千那動物

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android