(読み)イサザ

大辞林 第三版の解説

いさざ【魦】

スズキ目の淡水魚。全長約7センチメートル。ハゼの一種で、体形はマハゼにやや似る。体色は淡褐色。昼間は深所に群れ、夜間は湖面近くまで浮上する。佃煮つくだににして食用。琵琶湖の特産。 [季] 冬。 《 水増て-とれぬ日続きけり /円嶺 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

魦 (イサザ)

学名:Chaenogobius isaza
動物。ハゼ科の淡水魚

魦 (サメ)

動物。軟骨魚綱,板鰓亜綱に属する,エイ目を除く魚類の総称

魦 (チチブ)

動物。ハゼ科の淡水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いさざ【魦】

〘名〙
① 琵琶湖特産のハゼ科の淡水魚。全長は普通五~八センチメートル。体色淡褐色。昼間は三〇メートル以深の湖底付近に大群をなしてすみ、夜間は表層近くに浮上して餌をとる。産卵期は四~六月で、湖岸の浅所へ来て石の裏面に産卵する。あめだき、佃煮などにする。いさだ。《季・冬》〔俳諧毛吹草(1638)〕
② 魚「しろうお(素魚)」の異名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

ちちふ【魦】

〘名〙 魚「いさざ(魦)」の異名。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android