コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮫島員規 さめしま かずのり

2件 の用語解説(鮫島員規の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鮫島員規 さめしま-かずのり

1845-1910 明治時代の軍人。
弘化(こうか)2年5月10日生まれ。もと薩摩(さつま)鹿児島藩士。明治4年海軍にはいり,西南戦争に参加。金剛,松島の艦長をつとめ,海軍大学校長,常備艦隊司令長官をへて,33年佐世保鎮守府司令長官となる。38年海軍大将。明治43年10月14日死去。66歳。幼名は新左衛門。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鮫島員規

没年:明治43.10.14(1910)
生年:弘化2.5.10(1845.6.14)
明治期の海軍軍人。鹿児島(薩摩)藩士鮫島新左衛門の長男。日清戦争直前の明治27(1894)年7月に編成された最初の連合艦隊の参謀長に就任。フランスから自ら回航し,司令長官旗艦となった「松島」に乗り組み,長官伊東祐亨中将,参謀島村速雄大尉と共に黄海海戦に参戦。29年11月から1年4カ月にわたり海軍大学校校長を務める。30年9月海軍少佐坂本俊篤の応用実学を主意とする改革意見を取り入れ,学識を豊富にすることを主眼とする海軍大学校条例改正にかかわる。38年大将に進む。

(山村義照)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鮫島員規の関連キーワード伊集院兼寛伊地知彦次郎伊集院五郎伊集院俊実吉安純鮫島慶彦鮫島重雄鮫島相政野間口兼雄原田宗介

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone