コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮫島白鶴 さめじま はっかく

2件 の用語解説(鮫島白鶴の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

鮫島白鶴

幕末の鹿児島藩儒臣。薩摩生。名は黄裳、字は元吉、通称を左衛門、白鶴は号。書を能くし、頼山陽と親交した。また、西郷南洲の師として知られる。安政6年(1859)歿、享年未詳。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鮫島白鶴 さめしま-はっかく

1774-1859 江戸時代後期の書家。
安永3年生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。京都で書をまなび,頼山陽らと親交をむすぶ。墨絵もよくした。安政6年死去。86歳。名は黄裳。字(あざな)は元吉。通称は吉左衛門。別号に鼓川。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鮫島白鶴の関連キーワード岡本胡保梅沢敬典佐野東洲秦星塢畠中西岳平井雅斎平林東谷堀松碩正木竜珉和田小洲

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone