コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムツ

デジタル大辞泉の解説

むつ【×鯥】

スズキ目ムツ科の海水魚深海にすみ、全長約60センチ。体は細長くて側扁し、目と口が大きく、全体に黒紫色。東北地方以南に産し、産卵期の冬が美味。卵巣もムツの子といって賞味。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むつ【鯥】

スズキ目の海魚。全長60センチメートルに達する。体は長い紡錘形で、やや側扁し、目と口が大きく、歯が鋭い。幼魚は背面が淡黄色で腹面は灰色、成魚の背面は紫黒色。冬に美味。卵巣も「むつの子」と呼んで賞味する。東北地方から九州にかけて深海の岩礁域に分布。ろく。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鯥 (ムツ)

学名:Scombrops boops
動物。ムツ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

鯥の関連キーワード分布むつ幼魚海魚背面腹面成魚

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android