コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鰥寡孤独 カンカコドク

デジタル大辞泉の解説

かんか‐こどく〔クワンクワ‐〕【×鰥寡孤独】

妻を失った男、夫を失った女、親のない子、老いて子のない人。寄る辺ない身の上。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんかこどく【鰥寡孤独】

〔孟子 梁恵王下
妻のない夫と、夫のない妻と、みなし子と、老いて子のない者。身寄りのない人。よるべのない人。 「 -、実に頼る所なき者へは救助も尤なれども/学問ノススメ 諭吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の鰥寡孤独の言及

【やもめ】より

… なお寡婦は,日本では後家,未亡人と呼ばれることが多いが,日本のかつての寡婦については,〈後家〉の項を参照されたい。【編集部】
[日本近代]
 第2次大戦前の社会事業は,〈鰥寡孤独(かんかこどく)〉を対象とするといわれた。鰥は男やもめ,寡は寡婦,孤は孤児,独は子のない老人を意味する。…

※「鰥寡孤独」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

鰥寡孤独の関連キーワード学問ノススメ

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android