溝渠(読み)こうきょ

精選版 日本国語大辞典「溝渠」の解説

こう‐きょ【溝渠】

〘名〙
① 水を流すためのみぞ。給排水のために土を掘ったもの。〔伊呂波字類抄(鎌倉)〕
※駿台雑話(1732)四「天下の法は〈〉瑣細にしてのごとくなるべからず」 〔礼記‐曲礼上〕
② (比喩的に) 両者を隔てている心理的なみぞ。へだたり。
即興詩人(1901)〈森鴎外訳〉一故人「恩をきるものと恩をきするものとの間には、〈略〉大なる溝渠ありて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「溝渠」の解説

【溝渠】こうきよ

みぞ。揚雄(みち)に當るに入り、路を失ふ渠に(す)てらる。(あした)にを握りては則ち相と爲り、夕べに勢ひを失ひては則ち匹夫と爲る。

字通「溝」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の溝渠の言及

【橋】より

…土木工学上の専門用語では橋梁(きようりよう)ともいう。交通路の下に空間を有し,橋と同じ目的をもつが,ひとまたぎする長さ(支間あるいはスパンという)がとくに小さく,土被り(どかぶり)(上部の土)などの荷重も支えるように設計された構造物はカルバートculvert(溝渠)と称する。どの程度以上の長さのものを橋というかは必ずしも明確でないが,日本の道路技術基準では2m以上の支間としている。…

※「溝渠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android