コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溝渠 コウキョ

2件 の用語解説(溝渠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こう‐きょ【溝×渠】

給水や排水のため、土を掘ったみぞ。
気持ち・心のへだたり。
「深い―が夫婦の間には穿(うが)たれた」〈円地・女坂〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の溝渠の言及

【橋】より

…土木工学上の専門用語では橋梁(きようりよう)ともいう。交通路の下に空間を有し,橋と同じ目的をもつが,ひとまたぎする長さ(支間あるいはスパンという)がとくに小さく,土被り(どかぶり)(上部の土)などの荷重も支えるように設計された構造物はカルバートculvert(溝渠)と称する。どの程度以上の長さのものを橋というかは必ずしも明確でないが,日本の道路技術基準では2m以上の支間としている。…

※「溝渠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

溝渠の関連情報