コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真鰯 マイワシ

デジタル大辞泉の解説

ま‐いわし【真×鰯】

ニシン目ニシン科の海水魚。全長約20センチ。体は細長く、やや側扁する。背側は青緑色で、体側に1~3列の黒点が並ぶ。植物プランクトンを主食とし、沿岸の表層を回遊する。食用、また養魚の餌とする。大きさにより、しらす・ひらご・小羽・中羽・大羽とよばれる。ななつぼし。いわし。
カタクチイワシのこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まいわし【真鰯】

ニシン目の海魚。全長約25センチメートル。体は細長く、腹部はやや側扁する。体の背面が青緑色で、腹部は銀白色。体側に一列の黒点が並ぶ。重要水産魚。回遊性で、沿海州から日本各地の沿岸や東シナ海に分布。ナナツボシ。ヒラゴ。 → イワシ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

真鰯の関連情報