コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真鰯 マイワシ

デジタル大辞泉の解説

ま‐いわし【真×鰯】

ニシン目ニシン科の海水魚。全長約20センチ。体は細長く、やや側扁する。背側は青緑色で、体側に1~3列の黒点が並ぶ。植物プランクトンを主食とし、沿岸の表層を回遊する。食用、また養魚の餌とする。大きさにより、しらす・ひらご・小羽・中羽・大羽とよばれる。ななつぼし。いわし。
カタクチイワシのこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まいわし【真鰯】

ニシン目の海魚。全長約25センチメートル。体は細長く、腹部はやや側扁する。体の背面が青緑色で、腹部は銀白色。体側に一列の黒点が並ぶ。重要水産魚。回遊性で、沿海州から日本各地の沿岸や東シナ海に分布。ナナツボシ。ヒラゴ。 → イワシ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

真鰯 (マイワシ)

学名:Sardinops melanostictus
動物。ニシン科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

真鰯の関連キーワード植物プランクトンナナツボシななつぼしイワシ黒点体側表層小羽中羽大羽養魚

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真鰯の関連情報