鳥井駒吉(読み)とりい こまきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥井駒吉 とりい-こまきち

1853-1909 明治時代の実業家。
嘉永(かえい)6年3月12日生まれ。家は代々の酒造業者。明治17年藤田伝三郎らと阪堺(はんかい)鉄道を設立,31年同社を合併した南海鉄道の社長となる。この間の22年大阪麦酒(ビール)(現アサヒビール)を設立し社長。明治42年5月24日死去。57歳。和泉(いずみ)(大阪府)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鳥井駒吉

没年:明治42.5.24(1909)
生年:嘉永6.3.12(1853.4.19)
明治期の実業家。堺宿院町の穀物問屋和泉屋伊助の次男。父は文久2(1862)年堺甲斐町に分家して酒造業を開始した。駒吉は明治3(1870)年家督を相続し,12年には堺酒造組合総代となる。18年,松本重太郎,藤田伝三郎,外山脩造らと阪堺鉄道(難波―堺間)を設立,31年に南海鉄道(難波―和歌山間)に合併された。37~39年南海鉄道2代社長となる。20年には外山,松本,石崎喜兵衛,宅徳平らと共に大阪麦酒会社(アサヒビール)を設立し,初代社長に就任。39年には大阪麦酒,日本麦酒,札幌麦酒が合併して大日本麦酒株式会社となった。その初代社長への就任を請われたが,病気のため辞退。

(作道洋太郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android