コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥井駒吉 とりい こまきち

2件 の用語解説(鳥井駒吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥井駒吉 とりい-こまきち

1853-1909 明治時代の実業家。
嘉永(かえい)6年3月12日生まれ。家は代々の酒造業者。明治17年藤田伝三郎らと阪堺(はんかい)鉄道を設立,31年同社を合併した南海鉄道の社長となる。この間の22年大阪麦酒(ビール)(現アサヒビール)を設立し社長。明治42年5月24日死去。57歳。和泉(いずみ)(大阪府)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鳥井駒吉

没年:明治42.5.24(1909)
生年:嘉永6.3.12(1853.4.19)
明治期の実業家。堺宿院町の穀物問屋和泉屋伊助の次男。父は文久2(1862)年堺甲斐町に分家して酒造業を開始した。駒吉は明治3(1870)年家督を相続し,12年には堺酒造組合総代となる。18年,松本重太郎,藤田伝三郎,外山脩造らと阪堺鉄道(難波―堺間)を設立,31年に南海鉄道(難波―和歌山間)に合併された。37~39年南海鉄道2代社長となる。20年には外山,松本,石崎喜兵衛,宅徳平らと共に大阪麦酒会社(アサヒビール)を設立し,初代社長に就任。39年には大阪麦酒,日本麦酒,札幌麦酒が合併して大日本麦酒株式会社となった。その初代社長への就任を請われたが,病気のため辞退。

(作道洋太郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳥井駒吉の関連キーワード実業家宿院穀物自給率和泉屋庄次郎(2代)佐々木荘助中園久太郎浜口吉右衛門三輪善兵衛吉村甚兵衛渡辺文七

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鳥井駒吉の関連情報