鳥居忠則(読み)とりい ただのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥居忠則 とりい-ただのり

1646-1689 江戸時代前期の大名。
正保(しょうほ)3年生まれ。鳥居忠春(ただはる)の長男。寛文3年信濃(しなの)(長野県)高遠藩主鳥居家2代となる。元禄(げんろく)2年江戸城馬場先門を警備していた家臣の不祥事が原因で閉門となり,同年7月23日自害。44歳。所領は没収されたが,のち父祖の功により長男忠英(ただてる)が能登(のと)(石川県)下村に1万石をあたえられた。初名は忠常(ただつね)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android