コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥居忠則 とりい ただのり

1件 の用語解説(鳥居忠則の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥居忠則 とりい-ただのり

1646-1689 江戸時代前期の大名。
正保(しょうほ)3年生まれ。鳥居忠春(ただはる)の長男。寛文3年信濃(しなの)(長野県)高遠藩主鳥居家2代となる。元禄(げんろく)2年江戸城馬場先門を警備していた家臣の不祥事が原因で閉門となり,同年7月23日自害。44歳。所領は没収されたが,のち父祖の功により長男忠英(ただてる)が能登(のと)(石川県)下村に1万石をあたえられた。初名は忠常(ただつね)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鳥居忠則の関連キーワード井上正継鈴木清風義山理忠中ロ関係落柿舎谷木因金木さなぶり荒馬踊キリシタン屋敷塩見政誠浄興寺

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone