コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥居忠則 とりい ただのり

1件 の用語解説(鳥居忠則の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥居忠則 とりい-ただのり

1646-1689 江戸時代前期の大名。
正保(しょうほ)3年生まれ。鳥居忠春(ただはる)の長男。寛文3年信濃(しなの)(長野県)高遠藩主鳥居家2代となる。元禄(げんろく)2年江戸城馬場先門を警備していた家臣の不祥事が原因で閉門となり,同年7月23日自害。44歳。所領は没収されたが,のち父祖の功により長男忠英(ただてる)が能登(のと)(石川県)下村に1万石をあたえられた。初名は忠常(ただつね)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鳥居忠則の関連キーワード井伊直通大関高増(2)大田原扶清織田長頼九鬼隆常永井直達丹羽氏信前田利英松平信清水谷勝宗

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone