コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥屋に就く トヤニツク

デジタル大辞泉の解説

鳥屋(とや)に就(つ)・く

鶏が産卵のために、また、タカが羽毛が抜け替わるときに、鳥屋にこもる。
旅回りの役者などが、次の土地に出発できないで宿屋にこもる。
遊女が梅毒にかかって引きこもる。また、梅毒のために毛が抜けて薄くなる。
「小塚原へ遣った女が―・いてきてゐるから」〈伎・覗機関

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とやにつく【鳥屋に就く】

タカ・鶏などが夏の終わり頃、羽の抜けかわる時期に巣にこもる。
遊女などが梅毒にかかり、髪の毛が抜ける。 「さてまた此の妖怪は、猫でもなく幽霊にもあらず、-・いた新造なり/洒落本・双床満久羅」
旅興行が不入りなどのため、役者や芸人がその地を発てずに宿にこもっている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鳥屋に就くの関連キーワード鳥屋・塒旅興行不入り洒落本梅毒新造遊女

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android