コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥羽屋三右衛門 とばやさんえもん

世界大百科事典 第2版の解説

とばやさんえもん【鳥羽屋三右衛門】

長唄,浄瑠璃三味線方。3世を数えるが,2世,3世については不詳。初世(1712‐67)は初名文五郎,のち東武線太夫(あずまぶせんだゆう)と名のる。天下一平左衛門門弟となり,のち4代目杵屋(きねや)六左衛門に師事し,歌舞伎に出勤したといわれるが,3代目杵屋勘五郎の門弟ともいわれる。三味線の名手で作曲も巧みで,豊後節の作曲者でもあるという。舞台では三味線の曲弾きを勤めて好評を博した。彼は《三鳥三畜(さんちようさんちく)》と呼ばれる6曲の秘曲を作曲したと伝えられ,そのうち《臥猫(ふしねこ)》《狂獅子(くるいじし)》の2曲はのちに補訂されて現在も残されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鳥羽屋三右衛門の関連キーワード鳥羽屋里長(初代)佐々木市蔵(初代)鳥羽屋里長(1世)鳥羽屋里長

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android