コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥越常成 とりごえ つねなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥越常成 とりごえ-つねなり

1766-1840 江戸時代後期の国学者。
明和3年生まれ。備中(びっちゅう)(岡山県)足守(あしもり)藩士。藤井高尚(たかなお),梨木祐為(すけため)にまなぶ。天保(てんぽう)11年3月22日死去。75歳。本姓は板野。通称は新助。号は橿斎。著作に「東行梅鶯(ばいおう)日記」「富士百首」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鳥越常成の関連キーワード国学者

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android