鳩山邦夫(読み)はとやま くにお

  • 鳩山邦夫 はとやま-くにお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1948- 昭和後期-平成時代の政治家。
昭和23年9月13日生まれ。鳩山一郎の孫。鳩山威一郎次男鳩山由紀夫の弟。田中角栄事務所にはいり,昭和51年自民党から衆議院議員に初当選(当選13回)。平成3年宮沢内閣の文相。5年離党し,6年羽田(はた)内閣の労相となる。新進党をへて,8年民主党結成にくわわり副代表。11年民主党を離党,東京都知事選挙に出馬し落選。12年自民党に復帰した。19年安倍改造内閣,福田康夫内閣の法相,20年麻生内閣で総務相。22年自民党を離党。24年無所属で当選し,自民党に復党。東京都出身。東大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳩山邦夫の関連情報