コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳳林承章 ほうりん じょうしょう

3件 の用語解説(鳳林承章の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

鳳林承章

相国寺第九十五世。寛永2年(1625)入寺。勧修寺晴豊の子。鹿苑寺僧。寛文8年(1668)歿、76才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳳林承章 ほうりん-じょうしょう

1593-1668 江戸時代前期の僧。
文禄(ぶんろく)2年生まれ。勧修寺(かじゅうじ)晴豊の子。臨済(りんざい)宗。西笑承兌(せいしょう-じょうたい)の法をつぐ。京都の等持院,鹿苑(ろくおん)寺,相国(しょうこく)寺などの住持となる。公卿(くぎょう)や金森宗和(かなもり-そうわ)らの茶人,林羅山らの儒者と親交があり,日記「隔蓂(かくめい)記」は当時の貴重な史料である。寛文8年8月24日死去。76歳。号は竹窠。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鳳林承章

没年:寛文8.8.24(1668.9.30)
生年:文禄2.1.22(1593.2.23)
江戸前期の臨済宗の僧。寛永文化担い手ひとりとして知られる。公家の勧修寺晴豊の子として生まれ,7歳で豊臣秀吉,徳川家康の政治顧問として有名な西笑承兌 の弟子となって,そのあとを嗣ぎ,鹿苑寺(金閣寺)の住職,さらに相国寺の第95世となる。後水尾上皇のもとでの宮廷サロンの一員として活躍しており,鹿苑寺には五山僧,公家のみならず,茶人,陶工,医師などさまざまな人々が集まった。寛永12(1635)年より34年間にわたる日記『隔冥記』は,この時期の京都を中心とした政治,文化をみるうえでの基本史料となっている。

(原田正俊)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳳林承章の関連キーワード利峰東鋭俊巌宗忍昭海紹蘇正韵淡海昌敬宙外玄杲普巌宗賢文室宗周済家担い手

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone