コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴神上人 なるかみしょうにん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳴神上人 なるかみしょうにん

歌舞伎十八番「鳴神」の主人公。
帝の仕打ちに腹をたて,竜神滝壺(たきつぼ)に封じこめ,地上は干魃(かんばつ)となる。朝廷からつかわされた雲の絶間姫(たえまひめ)の色香にまよい,酔いつぶれている間に,竜神はにげ雨がふる。「鳴神」は謡曲一角仙人」にもとづいてつくられた通し狂言「雷神(なるかみ)不動北山桜」から一幕物として独立した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鳴神上人の関連キーワード市川団十郎(8代)二代目市川団十郎雷神不動北山桜河原崎長十郎歌舞伎十八番ぶっかえり石川豊信撫で付け