コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一角仙人 イッカクセンニン

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一角仙人 いっかくせんにん

古代インドの説話上の仙人。
天竺(てんじく)にすみ,角をはやす。大雨をうらみ旱魃(かんばつ)をおこすが,女色にまよい神通力をうしなう。インドの仏典大智度論」などを介して日本の「今昔物語集」などに登場,謡曲「一角仙人」や歌舞伎「鳴神(なるかみ)」のモデルとなる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いっかくせんにん【一角仙人】

女色により通力を失った仙人譚の主人公。《今昔物語集》巻五によれば,昔天竺に額に角一つ生えた仙人がおり,一角仙人とよばれた。彼は多年深山に修行し通力あらたかであったが,あるとき雨の山道ですべり倒れたことを立腹し,雨を降らす竜王を憎んで,多くの竜王を水瓶にとりこめてしまった。ために天下は干ばつがつづき万民の嘆きとなる。国王が仙人の通力を失わせる方途を問うたところ,ある人女色をもってすることを案じ,美女500人をよりすぐり,仙人の山中で妙なる歌をうたわせた。

いっかくせんにん【一角仙人】

能の曲名。四番目物五番目物金春禅鳳作。シテは一角仙人。天竺(てんじく)波羅那国(はらなこく)の辺境の山中に住む一角仙人が,神通力で竜神を岩屋に封じ込めたために,国中に雨が降らなくなった。帝王は一策を案じ,美妃(ツレ)を道に迷ったていにして山中に分け入らせる。仙人はその容色に引かれ,杯を受けて妃の舞を見るうちに,自分も立ってまねを始める(〈(がく)〉)。酔い伏した仙人のていを見て妃が都へ帰ったあと,岩屋が裂けて竜神が飛び出すので,目覚めた仙人は剣を抜いて立ち向かうが,すでにその神通力は失せ,大雨の中を竜神は立ち去る(〈舞働(まいばたらき)・ノリ地〉)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いっかくせんにん【一角仙人】

○ インド波羅奈国にいた仙人。鹿しかから生まれ、頭に一角があったという。
能の一。五番目物。室町時代の金春禅鳳こんぱるぜんぽう作。竜神を岩屋に封じ込めて国中を旱魃かんばつにした一角仙人が、国王が遣わした旋陀夫人せんだぶにんの色香に迷って神通力を失い、竜神があらわれて雨を降らせるというもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一角仙人
いっかくせんにん

能の曲目。四、五番目物。観世、金春(こんぱる)、金剛、喜多四流現行曲。『太平記』に材をとる金春禅鳳(こんぱるぜんぽう)の作。能の曲目中、もっとも遠隔の地、天竺(てんじく)(インド)を舞台としている。シカの胎内から生まれたため額に角(つの)の生えている一角仙人(シテ)は、竜神と力を争い、これを岩屋に封じ込めたので、数か月も雨が降らない。帝(みかど)によって旋陀夫人(せんだぶにん)という美女(ツレ)が誘惑者として山奥へ派遣される。仙人は美女の舞に見とれ、やがてまねして舞い出す。美女と野獣の対比をみせる特色ある相舞(あいまい)のくふうである。酔い伏して神通力を失った仙人。竜神2人(ツレ)が岩屋を破って現れ、仙人は剣を手に戦うが敗れ、竜神は大雨を降らしつつ竜宮へ帰る。竜神は子方でも演ずる。歌舞伎(かぶき)の『鳴神(なるかみ)』の原典である。[増田正造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の一角仙人の言及

【ジャータカ】より

…また,日本へも前述の漢訳文献を通じて《今昔物語集》などに入っている。たとえば,〈二羽の紅鶴と亀〉の話は,〈亀と鷲〉(イソップ),〈二羽の家鴨と亀〉(ラ・フォンテーヌ),〈雁と亀〉(《今昔物語集》)となり,一角仙人の話は《今昔物語集》を通じて謡曲《一角仙人》や歌舞伎《鳴神》となっている。 ジャータカはまた,彫刻や絵画等としても表現されている。…

※「一角仙人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一角仙人の関連キーワードリシヤシュリンガマハーバーラタ能現行曲一覧観世長俊金春禅竹増田正造鳴神上人風流能雑物

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一角仙人の関連情報