コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鴛海米岳 おしのうみ べいがく

1件 の用語解説(鴛海米岳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鴛海米岳 おしのうみ-べいがく

1819-1896 幕末-明治時代の儒者。
文政2年2月1日生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)国東郡草地村の人。京都にでて篠崎小竹らにまなび,天保(てんぽう)15年帰郷して家塾涵養学舎をひらく。明治2年肥前島原藩校の教授となる。4年大分にもどり後進の指導にあたった。明治29年12月19日死去。78歳。名は量容。字(あざな)は君容。別号に樵夫。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鴛海米岳の関連キーワード泉家胤宇田健斎大村桐陽辛島蘭軒河村真六佐々木愚山林双橋桃節山山本迂斎渡辺碩也

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone