コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鴛海米岳 おしのうみ べいがく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鴛海米岳 おしのうみ-べいがく

1819-1896 幕末-明治時代の儒者。
文政2年2月1日生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)国東郡草地村の人。京都にでて篠崎小竹らにまなび,天保(てんぽう)15年帰郷して家塾涵養学舎をひらく。明治2年肥前島原藩校の教授となる。4年大分にもどり後進の指導にあたった。明治29年12月19日死去。78歳。名は量容。字(あざな)は君容。別号樵夫

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鴛海米岳の関連キーワード明治時代吉武以梯鴛海謙斎近藤弘記儒者

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android