(読み)シメ

デジタル大辞泉の解説

しめ【×鴲】

アトリ科の鳥。スズメよりやや大形。全体に薄茶色で、翼に白い横帯がある。くちばしが太い。ユーラシア北部に広く分布。日本では北海道で繁殖し、冬は各地でみられる。ひめ。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しめ【鴲】

スズメ目アトリ科の小鳥。スズメよりやや大きく、くちばしが太い。体は褐色、風切り羽は藍あい色で白斑があり、くちばしの周囲からあごは黒色。北海道・本州中部以北で繁殖し、冬期は暖地に移動する。ユーラシア中北部に広く分布。

ひめ【鴲】

鳥シメの古名。 「下枝しずえに-を掛け/万葉集 3239

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android