鵜ノ池(読み)うノいけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鵜ノ池
うノいけ

愛知県知多半島の中央部,美浜町にある灌漑用のため池。 19世紀頃からカワウが生息し,集団繁殖地として 1934年に天然記念物に指定された。明治初年頃はマツの木の下に堆積する糞 (ふん) が良質の窒素リン酸肥料となって村の財源を潤した。当時は1万羽をこえたといわれるが,60年頃には約 3000羽,75年には約 1000羽に減少し,場所も上野間 (かみのま) と布土 (ふっと) にまたがる「鵜の山ウ繁殖地」に移った。半島中央を貫く南知多道路付近は,遮光防音壁によってカワウを保護している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android