美浜町(読み)みはま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「美浜町」の解説

美浜〔町〕
みはま

和歌山県西部太平洋に臨む町。1954年松原村,和田村三尾村の 3村が合体して町制。日高川河口から北西へ約 6kmに及ぶ煙樹海岸の大松林があり,その景観町名の由来となった。煙樹海岸の西に続く日ノ御埼は,紀伊水道と太平洋の境界にあたり展望雄大。1895年設置の日ノ御埼灯台がある。日ノ御埼に近い三尾はアメリカ村とも呼ばれ,海外移住者を多く出した集落で,いまもほかの漁村と異なった風俗,慣習をもつ。平野部では米作と野菜の促成栽培が行なわれ,シラスイセエビアワビなどの沿岸漁業が盛ん。海岸一帯は煙樹海岸県立自然公園に属する。面積 12.77km2。人口 6867(2020)。

美浜〔町〕
みはま

愛知県知多半島南部にある町。 1955年河和野間の2町が合体して発足。 57年小鈴谷町の一部を編入。西部は伊勢湾,東部知多湾に面し,おおむね丘陵地で,中央部を愛知用水,南知多道路が貫く。河和は行政,各種交通機関の中心で南知多観光の玄関口。海岸部では沿岸漁業とノリ養殖が行われる。西岸の砂丘列の砂は,鋳鉄に利用される。日本最大のカワウ集団繁殖地である天然記念物「鵜の山ウ繁殖地」,源義朝憤死の野間大坊の名で知られる古刹大御堂寺がある。伊勢湾岸一帯は三河湾国定公園に,また全町域は南知多県立自然公園に属する。面積 46.20km2。人口 2万2496(2020)。

美浜〔町〕
みはま

福井県南西部,野坂山地に発する耳川流域を占める町。 1954年南西郷,北西郷,耳,山東4村が合体して町制施行。町名は美しい砂浜にちなむ。東部は敦賀半島西半部,西部は常神岬を含む常神半島東半部。海岸は出入りに富んで海水浴場が多く,京阪神方面からも多くの人が集る。敦賀半島の丹生ではブリの定置網漁が行われ,美浜原子力発電所がある。名勝三方五湖のうち久々子 (くぐし) 湖,日向 (ひるが) 湖があり,久々子は三方五湖観光の中心となっている。海岸一帯は若狭湾国定公園に属する。 JR小浜線,国道 27号線が通る。面積 152.35km2。人口 9179(2020)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「美浜町」の解説

みはま‐ちょう〔‐チヤウ〕【美浜町】

美浜

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android