コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴田陶司 つるた とうじ

1件 の用語解説(鶴田陶司の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴田陶司 つるた-とうじ

1840-1864 幕末の武士。
天保(てんぽう)11年生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩士。文久2年脱藩して京都にいき,寺田屋事件で藩吏に捕らえられる。翌年ゆるされ,中山忠光にしたがって天誅組にはいり各地で幕府側とたたかうが捕らえられ,文久4年2月16日京都の獄中できられた。25歳。名は孝良。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鶴田陶司の関連キーワード元治アヘン戦争久坂玄瑞アヘン戦争雪華図説播隆渡辺政香西部開拓史藤間流久坂玄瑞

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone