コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小綬鶏 コジュケイ

デジタル大辞泉の解説

こ‐じゅけい【小×綬鶏】

キジ科の鳥。全長27センチくらい。褐色で黒い斑紋があり、胸は青灰色。「ちょっと来い」と聞こえる高い声で鳴く。中国南部に分布し、日本では大正時代に銃猟の対象として放鳥、野生化した。 春》「―の妻恋ひ節のちょっと来い/欣一

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こじゅけい【小綬鶏】

キジ目キジ科の鳥。全長27センチメートル 内外。体はずんぐりして、背は褐色に黒い斑点があり、腹は黄褐色。胸は青灰色。雑木林・竹藪などにすむ。中国南部原産。大正期に輸入され、猟鳥として全国に放鳥したものが繁殖し、北海道を除く各地で野生化している。鳴き声は大きく「チョットコイ」と聞こえる。 [季] 春。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

小綬鶏 (コジュケイ)

学名:Bambusicola thoracica
動物。キジ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

小綬鶏の関連キーワード黄褐色雑木林竹藪竹鶏