小綬鶏(読み)コジュケイ

デジタル大辞泉の解説

こ‐じゅけい【小×綬鶏】

キジ科の鳥。全長27センチくらい。褐色で黒い斑紋があり、胸は青灰色。「ちょっと来い」と聞こえる高い声で鳴く。中国南部に分布し、日本では大正時代に銃猟の対象として放鳥、野生化した。 春》「―の妻恋ひ節のちょっと来い/欣一

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こじゅけい【小綬鶏】

キジ目キジ科の鳥。全長27センチメートル 内外。体はずんぐりして、背は褐色に黒い斑点があり、腹は黄褐色。胸は青灰色。雑木林・竹藪などにすむ。中国南部原産。大正期に輸入され、猟鳥として全国に放鳥したものが繁殖し、北海道を除く各地で野生化している。鳴き声は大きく「チョットコイ」と聞こえる。 [季] 春。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小綬鶏の関連情報