コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿島の事触れ カシマノコトブレ

デジタル大辞泉の解説

かしま‐の‐ことぶれ【鹿島の事触れ】

昔、春ごとに鹿島神宮神官が鹿島明神の御神託と称し、その年の吉凶・天変地異などを全国に触れ歩いたこと。また、その人。ことぶれ。 新年》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かしまのことぶれ【鹿島の事触れ】

近世、毎年正月の三が日に鹿島神宮の神官が、神託と称してその年の吉凶を全国に触れ回ったこと。幣帛へいはくを担ぎ、烏帽子に白衣姿で巡回、のちには、それをまねた門付かどづけとなった。事触れ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鹿島の事触れの関連キーワード四季詠寄三大字鹿島信仰鹿島踊り烏帽子事触れ三が日鹿島踊近世